男性ホルモンの過剰分泌やシャンプーのすすぎ残し、背中ニキビの大敵は何?

6bd4e735ed812dd7e622f394b2bb2356_s

 

背中に発生するブツブツ、そう背中ニキビです。

いつの間にか背中一面に広がっていたら、背中の開いたドレスも着ることができません。

原因は何なのでしょうか。顔のニキビは皮脂の過剰分泌などで毛穴が詰まり、そこでアクネ菌が繁殖して悪化させます。

背中ニキビの構造もマラセチア菌というカビの1種がニキビを悪化させる以外は、ほぼ顔と同じだと考えていいでしょう。

過剰な皮脂分泌、角質などが毛穴を詰まらせ、ニキビを発生させているのです。

単一の原因というよりも、いくつかの要素が重なり合って毛穴の詰まりを生じさせるのが背中ニキビの特徴です。

まず考えられるのは男性ホルモンの影響です。

男性ホルモンはストレスを感じたときなどに過剰分泌され、ホルモンバランスを乱します。

男性ホルモンは皮脂を分泌させる特色があり、ストレスのせいで過剰に分泌してしまうのです。

意外なことに背中はもともと皮脂を分泌しやすい場所ですから、気をつけないといけません。

さらに、毛穴の縮小や角栓の発生を促すのも男性ホルモンの特徴です。

その結果、狭くなった毛穴に角栓が詰まり、塞いでしまうというわけです。

角栓は背中を摩擦することでも増えます。

暖かい時期に下着をつけずに化学繊維のおしゃれな洋服を身にまとうと、背中がこすれて角質が分厚くなりがちです。

すすぎ残したシャンプーやリンスも毛穴に入ると、皮脂と同様の働きをしてしまいます。

こうしたことが積み重なって、どんどん背中ニキビが増えていくことになります。

対策としてはまず背中の保湿をしましょう。

下着は綿を選び、背中を刺激しないように心がける必要があります。

背中を清潔に保つことを忘れてはいけません。

ただ、ごしごしタオルでふき取ると、背中に刺激を与えることになりますから、柔らかいもので汚れをふき取るようにすべきです。

たっぷり睡眠をとるとともに、食事の栄養バランスに気をつけることも大切です。

趣味などでストレスを解消するように努めましょう。

ドレスアップに背中ニキビは大敵ですからね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ