ストレス溜めても良いことなし!

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s

 

思春期時代、周りがニキビに悩むお年頃にも拘わらず、全くその悩みにはご縁のなかった私。

そんな私が人生で一番悩んだのが27歳ごろからです。

当時憧れの職業に転職したばかりで張り切って働いていました。

一見華やかな業界なのですが、入ってみればほぼ肉体労働!

朝から晩まで働き、終電を逃し近くのビジネスホテルにお泊りなんてこともしょっちゅう。

それでも最初は憧れていた仕事だったからと頑張っていたのですが、半年くらい経った頃からぽつぽつと顎ニキビが・・・。

最初はすぐ治るだろうと放置していたのですが、一向に治りません。

それどころか段々と数が増え、顎だけではなくおでこや頬にもぽつぽつと。

コンシーラーやファンデーションで隠しても隠し切れず同僚にも心配される始末。

とりあえずスキンケアをニキビ対策のものに変えたところ、

最初は効果があったような気がしたものの、治ってはでき、治ってはまたできの繰り返し・・・今度は口コミサイトで「ニキビ 化粧水」と検索し口コミの良かったお高めの化粧水を試してみると一気に悪化!!!つけるたびに、かゆい!痛い!ヒリヒリする!

その商品自体が悪いわけでは決してないと思うのですが、私の肌には合わず。

そんな私を見るに見かねた先輩がオススメの皮膚科を紹介してくれました。

処方された薬が皮膚をピーリングして、新しいキレイな肌に変える軟膏。

一応処方される際に先生から「最初は肌がピリピリして辛いかもしれないけど、なれればキレイになるから!」と言われ、それなら頑張る!と早速つけてみたのですが、やはり痛い。

先生のおっしゃる通り。

ただ痛いだけなら頑張れたのですが、皮膚がガサガサになりアトピーのようになってきました。

あとから聞いたところこれは薬の効果で、治る過程らしいのですが、

化粧ではごまかせないほどの荒れっぷりになります。

接客業の私がその顔のまま仕事をするのは難しいレベルにまで荒れていたので泣く泣く使用を断念。

最初に使ったニキビ対策のスキンケアを使用するのみで、その後しばらくはニキビだらけの顔で過ごしていました。

肌が変わりはじめたのは、仕事にだいぶ慣れてきた一年後。

相変わらずの重労働ではありましたが、だいぶ余裕が出てきて仕事が楽しくなり始めたころ。

入社してしばらく経った後輩の顔にニキビが出現し始めたのを見て、そういえば私最近ニキビできないな、と気づきました。

よくよく肌を観察してみると明らかに綺麗になっている!

結局私の場合「これで治った!」という解決策があったわけではないのですが、肌荒れがひどかった原因は長時間メイクしたままの肌、睡眠不足、そしてなによりストレス!この3つが原因だったのかと思います。

今は育児に専念するため退職したのですが、肌にはニキビひとつありません!

ストレスによって体調を崩す人、情緒不安定になる人、そして私のように肌荒れがひどくなる人。

様々なタイプがいると思いますが、確実に言えるのは「ストレスを溜めて良いことなし!」それが一番の解決方法だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ