オイリー肌はニキビが出来やすいです

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

 

ニキビが出来る人は、皮脂が多い肌質です。

思春期になると、ホルモンバランスの乱れなど、様々な原因で皮脂が過剰に出てきます。

 

ニキビが出来やすい人は、朝から晩まで一日中皮脂が多量に出てくるのです。

ビタミンBが不足していると、オイリー肌になりやすいと言われます。

野菜を食べることが大事ですが、チョコレートやポテトチップスなどは控えた方が良いです

人によっては、アレルギーがあるかもしれないので、まずはアレルギー検査を病院で受けることをお勧めします。

遺伝の可能性

肌質には個人差があるのです。

同じ年齢でも、同じものを食べていてもニキビが出来る人もいれば出来ない人もいます。

その違いは、両親から引き継いだ遺伝の可能性があるのです。両親が若い頃にニキビで悩んでいた人なら、同じような肌質を引き継いでいます。

小さなニキビを潰さないようにしましょう

ニキビが出来た時に指で潰したくなる人もいます。

小さなニキビでも潰してしまうと跡が出来てしまうので、なるべく自然に治るまで待ちましょう。

洗顔をした時に、潰してしまう可能性もあります。

 

なるべく優しく顔を洗いましょう。

鏡で見ると、気になり潰してしまいたくなります。

しかし、真皮まで傷ついてしまうと、すぐには治らなくなるのです。

他人はそんなにニキビ肌の人を見ていないので、気にしないようにしましょう。

すぐに皮膚科へ行くことをお勧めします

思春期ニキビは、たまに出来る位ならそこまで気にしなくても良いです。

しかし、赤みが広がってきたり、広範囲に出来てしまうなら、皮膚の病気かもしれません。

すぐに皮膚科へ行き、先生に見てもらうことをお勧めします。

ビタミンB不足かもしれないし、ダニやホコリが原因の可能性があるのです。

酷くならないうちに治した方が良いと言われます。

薬を処方してもらえば、2週間程で治るのです。

個人差もありますが、適切な処置をすれば、ニキビ跡は出来ません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ